カーコーティングをしていれば汚れた時に水洗いするだけで済みます

サイトマップ

オレンジの車

ワックスとコーティングの違いとは?

ワックスの主な成分とは油です。塗装面へとワックスを塗り付ける事で、凄く綺麗な艶などを上手く引き出す事が出来ます。塗った被膜では、不安定な半分液体状状により、ボディーの塗装部分へと浸透して行きます。
なので雨に濡れたり、車を洗って行く事で、油脂分直ぐに流れて行き、残っているロウなどは完全に角質化して行き、水垢が出来る大きな要因となります。ワックスは耐久性においてでもかなり低いので、あっと言う間に減少してしまいます。※ワックスの持続日数などは、僅か30日前前後しか、キープさせる事が出来ません。
コーティングはワックスとは一切異なります。例えばポリマー系のコーティングだと、フッ素やシリコンなどが多く入っている、特殊なポリマーによってきちんと構成されております。それが自動車のボディーの塗装面へと定着する際に、化学反応である架橋反応が発生して、分子と分子どとが、完璧に結合して行き、頑丈な被膜をしっかりと構成するのです。
極めて密度が高い網目の状態となっている被膜なので、油や煤などの厄介な汚染物質などを、ちゃんとガードしてくれます。、耐光性や耐久性などに関してでもコーティングはワックスよりも遥かに優れています。効果をキープさせる期間においてでも、ワックスが1ヵ月であるのに対し、コーティングではなんと3ヵ月も維持する事が出来ます。

  • カーコーティングのメリットとデメリット

    カーコーティングのメリットというと、車体の本来の色を長年にわたり、面倒な手入れなしにできるということです。ひと昔であれば、カー…

    more

  • カーコーティングの種類別の特徴

    車のボディを保護する方法としてワックスがけが主流でしたが、最近ではボディを粘膜で覆うコーティングという方法に移行しつつあります。車のボ…

    more

  • カーコーティングをする際のポイント

    愛車のメンテナンスをまめにすることで、その愛車の性能や外観を維持することが可能になります。特に外観部分に焦点を当てると、カーコーティン…

    more

TOP